猫砂が喘息やアトピー、化学物質過敏症(CS)の原因に!

猫砂が喘息やアトピー、化学物質過敏症(CS)の原因に!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

猫砂が喘息やアトピー、化学物質過敏症(CS)の原因に!

猫砂で猫や子どもが病気に

猫は犬と違い、散歩をしなくてもよいですし、しつけもあまり必要でありません。ですので、毎日を忙しく過ごす私たちにとって猫は飼いやすく、最近では犬より猫を好んで飼う方が増えました。

 

そして、温かく柔らかい、優しい声の猫は最高の癒しの相手となっています。

 

ところが、猫を飼う時にどうしても必要となる猫砂が、私たちの家族と、家族として迎え入れた猫ちゃんの健康に害を与えることをご存知でしょうか?

 

また猫砂によっては、体が未熟な赤ちゃんはすぐに体調を崩します。しかし、赤ちゃんであれば顔色、声色、発熱、ぐずる、またはひどくなるとアトピー性皮膚炎や喘息になるなど、見ていて気づいてあげられます。しかし、猫はぎりぎりまで体調不良を飼い主に悟らせません。飼い主が気が付いた時には既に手遅れなことが多いです。

 

我が家の猫達がそうでした。

 

お子様やご家族の方の健康はもちろんのことですが、お宅の大事な猫ちゃんが健康なまま長く生き、優しい最期の時を迎えられるように願いつつ、こちらのページをご紹介致します。


スポンサーリンク

猫砂でじん肺や喘息にも

猫砂にはいくつも種類があります。

 

しかし大きく分けますと、おしっこで猫砂が固まるか、固まらないかの2種類に分けることができ、販売されている猫砂の9割は固まる猫砂になります。

 

 

猫砂が固まるわけ

 

固まる猫砂にはベントナイトという粘土鉱物が使用されている商品が多くあります。そして、多くの方がこのベントナイトを好んで使っています。

 

ベントナイトの性質は、水を吸うことでふくらみ、そして固まる、というものです。その水分を吸って固まる、という性質が猫のトイレ用品として最適だったのです。

 

また、猫は柔らかく細かい砂でのトイレを好みます。

 

そしてベントナイトは猫が好む砂状に細かくしてありますので、子猫でも手でかきやすく、一度トイレの場所を教えますと、次からは自分でトイレに行って用を足してくれるようになります。

 

さらに、おしっこ(水分)を含みますと、ベントナイトは固まります。片づけるときには、その固まりをトイレ用スコップで取るだけです。

 

飼い主にとって、本当に便利な商品なのです。ですので、私も過去に飼っていた猫にはベントナイトの猫砂を使っていました。

 

<猫砂の固まる様子>

ベントナイトが固まる様子

文部科学省HPより

 

ところが、とても便利なベントナイトの猫砂にも欠点があります。
それは「ほこり」がかなり出る、という点です。

 

このページを見て下さっている方で、ベントナイトの猫砂を使ったことがある方でしたら、すぐに思い浮かべることができると思いますが、猫トイレの周りは細かいほこりだらけになりますし、そのトイレで用を足している猫ちゃんは必ずと言っていいほどくしゃみや咳をします。

 

その粉じんがベントナイトを使った猫砂の問題点なのです。

 

 

ベントナイトが危ないわけ

 

その粉じんを吸入すると、鼻、のどに刺激を受けます。さらに、粉じんを長時間吸い込むような環境では、私たちの体は入ってきた粉じんを、くしゃみや咳などで十分に排出・処理することができなくなり、結果、肺の中にたまった粉じんが、肺胞やその周囲に繊維組織を増やす=肺の弾力性が無くなることで呼吸機能が低下して起こる「じん肺」や、粉じんに対するアレルギー反応である「喘息」などが発生することがあります。

 

また、ベントナイトの粉じん有害性レベルはアスベストの次のランクに分けられています。

 

ベントナイトは水に溶けず、さらに水を含むと固まる、のです。

 

 

<有害性によるレベル分け>

有害性のレベル

粉じんの種類

a

結晶質シリカ10%以上の粉じん、石綿(アスベスト)を含む粉塵

b

滑石、ろう石、アルミニウム、アルミナ、珪藻土、硫化鉱、ベントナイト
カオリナイト、活性炭、黒鉛

c

結晶質シリカ10%未満の鉱物性粉じん、酸化鉄、カーボンブラック、石炭、酸化亜鉛、
二酸化チタン、ポートランドセメント、大理石、線香材料粉じん、穀紛、綿じん、木粉、
皮粉、コルク粉、ベークライト

d

石灰岩、その他の無機及び有機粉じん

厚生労働省HPより

 

またそのほかに、ベントナイトは目や皮膚に付着すると炎症を起こす恐れもあります。

 

 

猫砂に抗菌剤、消臭剤、防腐・防カビ剤が入っていることも

 

猫砂には固まっても固まらなくても、基本的に抗菌剤が入っています。

 

猫は屋内の決まったトイレを使ってくれるいい子たちですが、後片付けは自分でできません。ですので、排せつ物は飼い主さんが片づけてくれるまでのしばらくの間、トイレの中にあるわけです。

 

そこで衛生面を考えて抗菌剤が入っているのですが、その抗菌剤にも問題があります。

 

喘息が治る、体が楽になる掃除機の選び方・抗菌剤を避けるでもご紹介しましたが、抗菌剤は私たちの体を守る働きをする常在菌までも殺してしまうため、免疫力が低下し、喘息やアトピー、その他の病気にかかりやすくなってしまいます。

 

その他にも、紙やおからを使った猫砂には防カビ・防腐剤が使われています。
それらが猫だけでなく、人に健康被害を与えるのです。

猫砂が危険だと知ったわけ

猫砂で乳腺炎に

子供が1歳の時、私たちは引っ越しをしています。

 

それまで住んでいた実家では猫を飼っていたのですが、猫のトイレは私の部屋にありました。

 

そして引っ越し先には、実家で飼っていた猫3匹のうち、私になついていた兄妹の2匹を連れてくることにしました。もう一匹は当時飼っていた犬を、親と思っているようでしたし、両親もさみしそうでしたので連れてこないことにしたのです。

 

そして引っ越しが済み、落ち着いた頃猫達を迎え入れました。

 

そうしますと、母乳の調子が悪いのです。
それどころか、乳腺炎になってしまったのです。

 

そして猫はといいますと、新しい場所にいきなり連れてこられたせいか、一匹が一度もおしっこをしないのです。このままでは死んでしまう!と思い翌日には2匹一緒に実家に戻しました。

 

いつも兄妹で寄り添っていましたので、引き離すことはしたくなかったのです。

 

おしっこをしなかった猫は実家に戻ってしばらくでちゃんとおしっこをしてくれましたので、それで一安心だったのですが・・・。

 

そこで気が付いたのです。

 

猫を実家に戻すと(猫砂が無くなると)体調が良くなったことに。

 

猫砂があると、体調が悪くなり、猫砂が無くなると体調が良くなる、ということです。

 

さらに言いますと、引っ越してから母乳の状態も子供の調子もいきなり良くなり、母乳マッサージ先でも良い母乳が出ていると褒められていたのです。

 

ということはどう考えても猫砂が原因です。

 

そして、当時使っていたのはベントナイトの猫砂で、抗菌、消臭効果を謳ったものでした。


喘息やアレルギーの原因は猫ですか?猫砂ですか?

猫を病気にさせない対策で家族も健康に

少し調べるとたくさん出てくる猫砂の危険性。

 

幸いうちの猫達はしませんでしたが、猫砂を食べる猫までいます。

 

そしてベントナイトを食べてしまった猫の中には手術が必要となった子がいるようです。その子の胃壁には水分を含みドロドロになったベントナイトが張り付いていたそう。そうなっては食べ物を消化することができませんから、命に関わります。

 

さらに、抗菌剤、消臭剤などの化学物質の添加。

 

もし赤ちゃんが口にしてしまったらどうなるでしょう?

 

赤ちゃんや猫が、ぜんそくになってしまったら?

 

初めて猫と犬を飼い始めた当時、私は商品として売られているものに、健康に害を与えるものが含まれている、ということを考えもしませんでした。

 

そして私は、犬も含めて4匹を病気で失ったのです。

 

 

そして数年が経ち、H26年11月、新しい家族として猫を2匹迎え入れました。この子たちが寿命を全うできるよう、出来るだけのことをしたいと思っています。

 

そして、その努力は家族の健康を守ることになります。

 

 

猫を手放さない努力

 

もし、猫を飼っていらっしゃる方で家族に「喘息」や「アレルギー」をお持ちの方がいらっしゃるようであれば、試しに猫砂を安全なものに替えてみてください。

 

猫がいるから「喘息」や「アレルギー」が出るのですか?
もしかしますと、猫砂に反応しているのかもしれません。

 

うちの子供は、血液検査で猫アレルギーがあると出ていました。しかし猫がいても大丈夫です。(※引き取り前にお試し期間を1週間設け、反応が出ないかを確認しています)

 

本当にダメな方もおられるでしょうが、猫アレルギーの原因は猫の「ふけ」だと言われています。

 

また、医療施設などにアニマルセラピーに行く犬や猫は、24時間以内に体を洗うことが求められています。そして現在のところ、猫アレルギーによる事故は起きていないようです。

 

ただ「ふけ」が原因だとしましても、猫の体を毎日洗うことは、皮膚の自浄作用の点からもおすすめできません。1か月に1度が限度だと思います。

 

ですので、掃除の徹底でなんとかなるようであれば、あなたがいる世界しか知らない猫を守ることができるかもしれません。

 

 

関連記事
喘息が治る、体が楽になる掃除機の選び方・抗菌剤を避ける


我が家で使っている猫砂

現在我が家で使っている猫砂は、パインウッドとナッティキャットです。

 

 

こちらの商品は、おがくずをプレスし固めてあるだけです。

 

また、固まるタイプではありませんので、ベントナイトなどは含まれませんし、抗菌、消臭、防腐剤などの化学物質も含まれませんから、人の化学物質過敏症(CS)や喘息、アトピーだけでなく、猫ちゃんのアレルギーや喘息対策にもなります。

 

さらにほこりも出ませんので、猫たちがトイレで咳をすることもありません。

 

ただ、木のにおいはかなり強めですので、我が家の場合ですと袋を開け、屋外で数日匂いを飛ばしてから使っています。そうしませんと、私にも刺激が強いですし、猫も嫌がります。(特に女の子)

 

 

そして食べても安全だと言われるナッティキャットです。

 

 

こちらはオーストラリアのオーガニックのアルファルファ(草)を使用した商品になり、少しヘナ(天然髪染)に似た独特な臭いを持っています。

 

本当はナッティキャットだけにしてみようと思い購入したのですが、ナッティキャットはおしっこの吸収が今一つですのでパインウッドと合わせて使用しています。(吸収が少ない分物持ちは良いのですが・・・)

 

 

そしてトイレの容器ですが、パインウッドやナッティキャットは水分を含むと崩れますので、底がすのこ状の花王のニャンとも清潔トイレを使っています。

 

 

こちらは作りがしっかりしています。類似商品の一部には、すのこの強度が弱くたわむことがあるそうですが、こちらはその心配がありません。

 

また、下のようなオープンタイプもあり、我が家では両方使用しています。(うちの子達はなぜかドームタイプを大、オープンタイプを小というふうに使い分けしています)

 

 

ただ付属で付いてきてしまう吸水マットは抗菌・防臭剤などの化学物質臭がかなり強いです。化学物質過敏症(CS)の方は倒れてしまうほどだと思いますので、封を開けることなく捨てられたほうが無難だと思います。

 

当然我が家では使えませんでしたし、気にならない方であっても、それらを使用するのは猫の健康を害することにもなりますので決しておすすめしません。

 

なお、使用前には必ずトイレを石鹸等で洗い、製品についている可塑剤などを取って下さい。

 

 

ちなみにそのナッティキャットとパインウッドは、以前飼っていた猫に試してみたのですが、既にベントナイトに慣れていたため、嫌がってトイレを使ってくれませんでした。

 

しかし、なんとしても替えるべきでした。

 

 

猫のアレルギーには食事と環境の両方が影響

 

猫ちゃんが実際に咳やアトピーなどの症状で苦しんでいるようであれば、まずは食事を安全なものに、そして、あなたが使っている日用品を赤ちゃんと同じように気を付けてあげてください。

 

ちなみに我が家の猫たちは、引き取り後いくつかの無添加キャットフードを試した後、生後4か月弱からイギリス産のカナガンキャットフードを食べています。

 

こちらは合成添加物や合成保存料を使用しない安全なキャットフードとしてよく選ばれているようなのですが、私が選んだ最大の理由は、抗生物質を使用する必要が極めて少ない平飼いの鶏の肉を使用している点です。

 

狭く暗い鶏舎で一生を過ごす鶏と、歩き回り、羽を広げることのできる鶏とでは質が違ってきます。薬漬けで病気になった鶏の肉は健康をもたらしません。

 

そして、他のキャットフードに比べて肉の含有量が多いため、うんちは臭くなりますが、2匹とも耳の汚れは出ませんし、全く太りません。それは、少量で必要な栄養素を取れているからではないかと思います。(今の子たちには、毎回少し残るくらいを適当にあげています)

 

ちなみに前の子達はヒルズを食べていました。その当時は3匹中2匹が太り気味でしたので、それぞれ決められた量を与えるようにしていましたが、いつも足りないと催促されていました。ですので違いに驚いています。

 

なおカナガンキャットフードの品質については、下記のページにて詳しくご紹介しております。
>> カナガンキャットフードは肉の安全性が違う!英国産の品質徹底解明
(※リンク先は姉妹サイトの”キャットフードぷらす”になります)

 

 

そうして日用品については、このページの下でいくつか紹介しております。
参考にして頂けますと幸いです。

 

特にヘアカラーには有害な化学物質が使われています。猫のいる部屋でヘアカラーをするのはもちろんのこと、美容室でなさってきても揮発してくる化学物質で体調を崩しますので気を付けて下さい。
>> ヘアカラーでアレルギー治療1か月!? なぜ消費者に求めるリスク管理

 

また下記のページでは食物アレルギーと環境について書いておりますが、どのアレルギーにも、人にも猫にも共通の事柄となりますので、ご一読頂けますと幸いです。
>> 食物アレルギーの本当の原因は?医師が認めたがらない改善方法

 

 

お子さんが成長していく中で、猫はお子さんの心の素晴らしいパートナーになることができます。

 

猫ちゃんが最期の時を迎えるまであなたの家族として生き、そしてあなたの家族全員が健康に過ごせますように。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連記事一覧

日用品に潜む危険 はじめに

私たちが買い物に行き、デパートやスーパーなどに並ぶ商品を選ぶとき、何を基準に商品を買うでしょうか?コマーシャルに出ていた新商品だったり、雑誌で見つけた使い勝手の良さそうな商品、色や形が素敵な商品、香りが気に入った商品などなど・・・。通常、買い物をするときは、単純に「気に入った商品」を買いませんか?で...

≫続きを読む

安全な商品の選び方まとめ|パッケージ情報を逆引きする

赤ちゃんの記憶をやさしいものに 妊娠すると多くの方が読み始めるプレママ用マタニティ雑誌。そこにちらほら見える「オーガニック」「優しい」「安全」などの文字。今まで特に気にしていなくても、目にする機会が増えますと、だんだん気になってきますよね?実はそれら「きれいな文字」の裏には、「化学物質」「危険」「毒」などの文字が隠されています。○...

≫続きを読む

新生児が沐浴剤で乳児湿疹!?成分は安全?使用前に確認を

沐浴剤は本当にやさしい? 病院の産婦人科や助産院などで出産をしたあと、母乳のあげ方・抱っこの仕方・服の着せ方やおむつの履かせ方など、様々な赤ちゃんのお世話の仕方を助産婦さんから教わります。それは、初めての妊娠でしたのに体調不良のためにマタニティスクールや母親学級にも行けず、雑誌の情報だけを頼りにしていた、しかし結局は目の前に...

≫続きを読む

赤ちゃんのおしりふきに有害物質!顔や口、手を拭くのは厳禁

おしりふきは赤ちゃんに優しくない 以前のおしりふきは薄手の物が多く、うんちを拭き取るときには2枚重ねたうえ、折りたたんで厚みを作り、使っていました。しかし今では厚手で使いやすいおしりふきがたくさん出ています。また、容器にも使いやすいよう工夫がしてあり、片手ですぐに取り出すことができます。さらにおしりふきを温めるウォーマーもあり、赤ち...

≫続きを読む

赤ちゃんの手・口ふきの全成分を徹底解明!安全性に疑問符

赤ちゃんのて、口ふきが危険 以前からあった赤ちゃんのおしりふき。そしてその後出てきた赤ちゃんの手・口ふき用ウェットティッシュ。様々な育児グッズが販売され、以前に比べて育児がとても楽になったように思えます。しかしそれらを使うことで赤ちゃんが体調を崩したり、熱を出しやすくなったりし、結局はそれら育児グッズを使わない【ひと手間育児】...

≫続きを読む

調理中に赤ちゃんがぐずるわけ・テフロン加工の危険性

「ご飯を作り出すと子供がぐずって、なかなか作れないの。」結構よく聞く話です。きっと、ご飯を作り出すとかまって貰えないからぐずるのね。そう思っていませんか?実は、調理中に調理器具から出ている化学物質が原因の一部となり、お子さんの体調が悪くなっているのかもしれないのです。また、テフロン加工の調理器具を使...

≫続きを読む

調理中に赤ちゃんがぐずるわけ・アルミ鍋の危険性

調理中に赤ちゃんがぐずるわけ・テフロン加工の危険性から引き続き・・・使うとどうしても母乳の調子が悪くなる調理器具の一つがアルミ鍋でした。当時は自身の感覚でアルミ鍋の使用を止めましたが、調べてみますととんでもない事実が出てきました。こちらのページでは、アルミニウム鍋からの溶け出しについて、アメリカの体...

≫続きを読む

合成香料はアトピーや喘息、咳喘息、各種アレルギーの原因に

昔の映画などでみられた、お出かけ前の香水。ヒロインの香りに振り向く男性。香りには、自身を魅力的にさせたり、気持ちの切り替えを手伝うなどの様々な効果があります。そして、魅力的な女性としていまだ人気の高いマリリンモンロー(1926-1962)が使った香水が『シャネルの5番』です。当時非常に高い人気を集め...

≫続きを読む

猫砂が喘息やアトピー、化学物質過敏症(CS)の原因に!

猫は犬と違い、散歩をしなくてもよいですし、しつけもあまり必要でありません。ですので、毎日を忙しく過ごす私たちにとって猫は飼いやすく、最近では犬より猫を好んで飼う方が増えました。そして、温かく柔らかい、優しい声の猫は最高の癒しの相手となっています。ところが、猫を飼う時にどうしても必要となる猫砂が、私た...

≫続きを読む

赤ちゃんやアトピー子が合成洗濯用洗剤を使えないわけ

通常「洗濯用洗剤」と言えば、TVコマーシャルでよく見る洗剤を思い浮かべると思います 。そして、多くの方が何の疑問も持たず、普段ふつうにそれらを使っています。ところが赤ちゃんが生まれ、ベビー用品店に行きますと、赤ちゃん用の洗濯用洗剤が売られているのに気が付き、少し疑問に思います。赤ちゃん用の洗濯用洗剤...

≫続きを読む

化学物質過敏症やアトピー子に使える安全で優しい洗濯用洗剤選び

赤ちゃんやアトピー子に合成洗剤が使えないわけから引き続き洗濯用洗剤についてお伝えしていきます。合成洗濯用洗剤を使うとどうしてもトラブルが出てしまう、または、赤ちゃんの為に安全で優しい洗濯用洗剤を探したい、と思われた時、誰もが洗濯用洗剤の種類の多さに困り果てます。また、安全性を謳うものは合成洗濯用洗剤...

≫続きを読む

衣類用防虫剤が赤ちゃんの成長阻害や高齢者の認知症の原因に

大切な衣類を虫から守るために、タンスやクローゼットに防虫剤を入れておられる方が多いと思います。ただ、注意事項をきちんと読んでおられますか?何気なく防虫剤をタンスやクローゼットに使用し、普段着ている服を入れ、また、出してすぐに着用していませんか?そして、寝室で使用して原因不明の体調不良に陥っていません...

≫続きを読む

知能指数が低下!フッ化物洗口を本当に子供にさせますか?

フッ化洗口は危険 虫歯予防には「フッ素」が非常に有効であると言われ、歯磨き粉には薬用成分としてフッ化ナトリウムが添加されています。※フッ素とは元素であり、正確にはフッ化ナトリウム(フッ化物)が虫歯予防に使用されています。また幼稚園や保育園に上がりますと、虫歯予防としてフッ化物洗口が始まります。本当に安全なのでしょうか...

≫続きを読む

その歯磨き粉、子供の口に入れても大丈夫ですか?

歯磨き粉に含まれる毒 普段何気なく使っている歯磨き粉。虫歯にならない、歯が白くなる、歯周病を予防する、などそれぞれに特徴を持たせ、多くの種類が店頭に並んでいます。そして子供の小さなかわいい乳歯が虫歯にならないよう、効能を念入り確認し選んでいると思います。ですが、何が入っているのかを念入りに見ておられるでしょうか?子供用は...

≫続きを読む

ヘアカラーでアレルギー治療1か月!? なぜ消費者に求めるリスク管理

妊娠・授乳中のヘアカラーは禁止 平成27年10月23日付で消費者安全調査委員会が「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しました。その報告書によると、ヘアカラーが原因で治療に1か月以上要する重篤な皮膚障害が起こっているようです。下の写真はヘアカラーによって顔全体が腫れあがったものです。出典:「ヘアカラーで後天性ア...

≫続きを読む

長引く咳やアレルギーはシャンプーが原因!?成分を徹底確認

シャンプー 枝毛一つないさらさらの髪や艶やかにまとまった髪。女性だけでなく、今では男性も艶髪を求めてシャンプーを選ぶようになりました。ですが実際には、きれいな髪になるどころか、髪や頭皮に多くのトラブルを抱えシャンプージプシーとなる方が増えています。頭がひりひりするフケが多くなったかゆみが起きた髪が痛み枝毛や切れ...

≫続きを読む


HOME 安心して使える商品レビュー プロフィール お問い合わせ