TOP

赤ちゃんが教えてくれた体に優しい食品と日用品一覧

赤ちゃんが教えてくれた体に優しい食品と日用品一覧

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤ちゃんが教えてくれた体に優しい食品と日用品一覧

子供の体に優しい商品一覧

※現在、調味料・加工品以外のリストは作成中となります。なるべく早くにアップしたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

 

 食品

 



赤ちゃんの体調を悪くする原因を観察力で特定

赤ちゃんは、安全でなかったり、体に合わない食べ物を母乳から摂取したり、自身が食べたり、または身の回りで使ったりすると、以下のような様々な方法で自分の体では処理できない成分だということを教えてくれます。

 

  • 泣く
  • ぐずる
  • 金切り声を上げる
  • 髪を逆立てる
  • よだれを出す
  • 便秘になる
  • 蕁麻疹・喘息・アトピー性皮膚炎・鼻炎・中耳炎・けいれんなど

 

なお、泣くのが赤ちゃんの仕事だという方がいますが、それは全く違います。

 

言葉が話せませんから、体調が悪いことを伝える方法がそれしかないだけです。

 

お腹がいっぱいで、おむつが濡れておらず、気温も適切であれば、眠くなれば寝、起きているときは周りを観察したり、親の真似をしようとしたり、話しかけに答えようとしたりし、たくさんの事を吸収していくものです。

 

そのことは、まだ食べ物にしても住宅にしても、日用品にしても、まだ自然のものが多かった昭和の前半までに子育てをされておられた方に聞くとわかります。ただ、直接お話を聞くことは難しい年齢にはなっています。

 

また、母乳育児中のママの場合は、『母乳トラブル』という形で、安全で無いものを見分けることができます。

 

  • 乳腺炎
  • うつ乳
  • 白斑

 

これらは実は、あなたの赤ちゃんに適さないものや、害のあるものを食べたり使ったりした時に起こります。

 

逆に言いますと、あなたの母乳トラブルの原因を観察力で探し当て取り除きますと、赤ちゃんの体調は良くなり、とても育てやすく変わります。

 

何を食べたか?何を使ったか?何をしたか?どこに行ったのか?

 

赤ちゃんとご自身の体調とをリンクさせながら考えてみてください。

 

親に必要な能力は、泣きぐずる赤ちゃんをあやし続ける忍耐力ではなく、原因を突き止める観察力です。

 

ただ、なんの基準もなく観察していても、疲れ果ててしまうだけです。そこでこちらの章では多くの方が食べても、使っても問題が無かった品物をご紹介致します。

母乳育児をしている多くのお母さんの体験・観察から選ばれてきた裏付けのあるデータ

こちらでご紹介する食品や日用品等は、

桶谷式乳房マッサージを考案された桶谷先生から直接指導を受け、母乳育児相談所を開いておられた川端先生から教わったこと

母乳育児相談所で知り合ったお母さま方が、経験から教えて下さったこと

私の育児経験

から選んだ、または選ばれてきた赤ちゃんの体に優しい商品になります。

 

もちろんあくまでも私が教わったことに一個人の経験を合わせた情報ですので、全てを網羅した一覧ではありませんが、一番体が繊細でか弱い赤ちゃんから、あらゆる機能が発達途中の幼児の体に負担を掛けない食品や日用品の基本は抑えています。

 

また赤ちゃんに大丈夫だということは、年代を問わず、体の機能が落ちている方に優しい=回復を邪魔しない食品や日用品だということになります。

 

子育て中の方だけでなく、様々なアレルギー症状や病気で苦しんでいる方、そして近年増え続ける化学物質過敏症の方などのお役に立てる情報となっておりますので、一度目を通し、試して頂けますと幸いです。

 

 

桶谷式乳房マッサージ

 

富山県高岡市で助産院を開業した桶谷そとみ先生が考案された、母乳が良く出るようになる乳房ケアの方法になります。現在では、全国に桶谷式母乳育児相談室が開かれ、母乳育児を支えています。

 

※日用品などに使用される化学物質の危険性については、変わりゆく時代の中で、赤ちゃんと乳房の状態から川端先生が独自に得た知識となります。ですので、他の桶谷式母乳育児相談室とは教わる内容が異なります。

 

 

オーガニック?無添加?体に安全で優しい本物を見分けるポイント

 

今ではオーガニックや無添加など、健康を意識した商品が多く出回っています。

 

ですが実際には、原材料の質は良くても製造工程に問題があったり、特定の危険な成分を使っていないだけだったりと、良いと思って購入した価格の高い商品が、実はそれほど体に良くなかった、ということが多々あります。

 

高いだけで意味が無かったというのは、金銭的にもつらいですが、効果を期待して赤ちゃんの為に購入している分、何を選べば良いの?何が悪いの?と、精神的に追い込まれる原因にもなりかねません。

 

ですのでこちらでは、私が育児をする中で知った、商品を購入する時に気を付けて見て欲しいポイントも合わせて、出来る限りでご紹介いたします。

 

体質は人それぞれ違います。特に植物性の原料を使っている場合、それぞれの体質に合わない成分が配合されていないか必ずご確認ください。

 

また、天然成分だからどれでも、どれだけ使っても安全、というのは間違いです。何事も適量がありますのでご注意ください。

赤ちゃんが教えてくれた体に優しい食品と日用品一覧記事一覧

赤ちゃんが教えてくれた安全で優しい調味料一覧と購入のポイント

体に優しい調味料 砂糖塩こしょう醤油味噌 酢みりんケチャップソースマヨネーズ食用油こちらでは赤ちゃんや幼児期のお子さんが、母乳を嫌がらずに良く飲むぐずらない寝相が良い機嫌が良い便秘にならない湿疹ができない肌がカサカサにならないアトピー性皮膚炎にならない食物アレルギーや各種アレルギーになりにくい調味料を、桶谷式の母乳育...

≫続きを読む

赤ちゃんが教えてくれた安全で優しい加工品一覧と購入のポイント

赤ちゃんの体に優しい加工品 カレールウシチュールウパスタうどんそうめんインスタントラーメン春雨くずきり海苔ふりかけ干物ちりめんじゃこ原則として加工品には、酸化と、酸化を防止したり色を良く見せたり、原材料を安く抑えたりと様々な役割を果たす添加物のリスクがあります。ちなみに酸化した食品は・・・味が変化し、酸味や苦みが出る。色が変化...

≫続きを読む

スポンサーリンク


HOME 安心して使える商品レビュー 化学物質過敏症専用ページ プロフィール お問い合わせ