TOP

子供に安全で刺激臭の少ない市販糊は?化学物質過敏症の学校生活

子供に安全で刺激臭の少ない市販糊は?化学物質過敏症の学校生活

 

子供に安全で刺激臭の少ない市販糊は?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症(CS)が使える糊

沢山のお友達がいて楽しいはずの学校生活。

 

しかし化学物質過敏症(CS)の子供にとって、安全性より利便性やコストを重視して選ばれる教材や文房具類は体調悪化の原因となっています。(本当は化学物質過敏症(CS)の子供だけではないのですが)

 

そして頻繁に使用される文房具の一つである糊も同様です。

 

こちらのページでは、私の子供が成長に伴う症状の改善によって段階を踏み選んできた市販のでんぷん糊と、スティック糊をご紹介します。

 

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

刺激臭が少なくCS反応の無いでんぷん糊は?

まず初めに。

 

市販糊の中でも保育園などで使用され、安全性が高いことが強調されているでんぷん糊ですが、腐敗させず長期間保存を可能とするには、必ず防腐剤や抗菌剤が必要となります。そしてそれらは間違いなく何らかの影響を子供の体に与えることになります。

 

化学物質過敏症(CS)の症状の度合いによっては、学校に行くだけで気分が悪くなったり、集中力が落ちる、目や口の渇き、体に痛みが生じたりと、様々な症状が出ておられるのではないかと思います。また、体調を崩すか崩さないかのラインを行ったり来たりなさっているお子さんもおられるのではないでしょうか?

 

そういった場合には、市販糊に含まれる化学物質の影響により体調がよりいっそう悪化する恐れがありますので、私は市販糊をお勧めしません。面倒でしょうが、糊を使用する日を前もって教えてもらい、小麦粉糊を作り、お子さんに持たせた方が良いと思います。(小麦粉糊につきましては近々アップしたいと思っております)

 

なお、赤ちゃんの手・口ふきにさえ強い防腐・抗菌剤が使われています。口に入ることを想定していない糊に何が使われれているのかは想像に容易いと思います。
>> 赤ちゃんの手・口ふきの全成分を徹底解明!安全性に疑問符

 

では私の子供が使えた市販のでんぷん糊をご紹介します。

 

 

内容物が似ているように見えても受ける刺激は全く違う

 

でんぷん糊で有名なのは、ヤマトの”ヤマト糊”と不易糊工業の”フエキ糊”になるかと思います。なお主成分は、ヤマト糊がタピオカ、フエキ糊がコーンスターチになり、どちらも天然素材を使用していること、ノンホルマリンであることなど共通点があります。

 

そしてその両方を試してみた結果、下のフエキ糊はそれほど刺激を感じず使うことが出来ました。

 

 

なお園児・学童向けでより安全性が高そうな不易糊工業の商品は下の”ひまわり”になるようですが、チューブタイプが無く、手やヘラで塗る必要があります。しかし何らかの防腐剤が使用されている商品を手で塗ることは体に良いとは思えませんし、液状糊の代わりを探していましたので、こちらは購入したことがありません。

 

 

「ひまわりのり」には抗菌剤入りの商品があります。もし試してみられる場合は、抗菌剤無しの商品を選んで下さい。

 

そして使えなかったヤマト糊の方ですが、糊自体に刺激臭があるだけでなく、中身の刺激臭が容器を通過しており、外で半年以上干していましたが、置いてある台にまで刺激臭が移っていました。(最終的には廃棄となりました)

 

<2016年6月25日追記>
ヤマト糊の刺激臭が無くなっていました

 

2015年に購入した時に感じた刺激臭ですが、2016年6月、別店舗にて確認をした際には感じませんでした。このことから、内容物は常に変化しているものと思われます。

 

この商品(会社)に限ったことなのかはわかりませんが、購入の際にはその都度実際に確認なされた方が安全だと思います。

 

次にスティック糊をご紹介致します。

においの少ないスティック糊はありませんでした

私の子供が小学校の4年生近くになった時、お友達が使っているような液状糊が欲しいと言い出しました。

 

しかし液状糊の刺激臭はどの商品もかなり強く、とても使えそうにありませんでした。そこでスティック糊にも視野を広げて探していたところ、下の天然素材のりを見つけました。

 

 

ただこちらはフエキ糊と比べてにおいが強いため(香料が入っている気がします)あまりお勧めしたくはないのですが、他のスティック糊や液状糊と比べますと、感じる刺激は優しいです。

 

そして我が家では、使いやすいスティック糊がどうしても欲しい、との子供の意見により、この糊を学校で使っています。(※成分の揮発がかなりありますから、我が家の屋内では使いません。)

 


 

2016年9月に上記商品は廃盤となりリプレ・ナチュラルは下記の商品にリニューアルされました。

 

こちらの商品は我が家ではまだ使用していません。”リニューアル”の場合は安価な材料へと変更されることが世の常だからです。(パッケージも何だか・・・)ですので私は廃盤商品をまとめ買いしました。

 

無くなり次第こちらの商品を試し、詳細をご紹介したいと思っております。
(※2017年8月現在まだ旧商品が販売されている&我が家でも在庫有りのため、お伝えできるのは2018年に入ってからになりそうです。)

 


 

なお私が商品を購入しているお店は私が住む市内にあるのですが、品ぞろえが特殊?で随分豊富です。そして他の文房具店では一度も見かけたことがありません。ですから販売している店頭を探す手間を考えますと、送料が多少かかってもインターネットを利用して購入された方が良いような気もします。

絶対に避けるべき商品は?

毒

各社のHP上で、ノンホルマリン・無香料であることを強調する商品と、全く記載の無い商品があることから、記載の無い商品にはホルマリンや香料が使われている可能性が高いと考えられます。

 

ちなみにホルマリンとは、ホルムアルデヒド液になり、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質の一つとなっています。ですのでノンホルマリンと記載の無い商品は避けた方が良さそうです。

 

ホルマリンの持つ毒性

 

危険有害性情報

  • 可燃性液体
  • 飲み込むと有害
  • 皮膚に接触すると有毒
  • 吸入すると生命に危険(蒸気)
  • 皮膚刺激
  • 強い眼刺激
  • 吸入するとアレルギー、ぜん息または、呼吸困難を起こすおそれ
  • アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ
  • 遺伝性疾患のおそれの疑い
  • 発がんのおそれ
  • 生殖能又は胎児への悪影響のおそれ
  • 臓器の障害
  • 長期にわたる、または反復ばく露による臓器の障害
  • 水生生物に毒性

引用:安全データシート 純正化学㈱

 

お子さんが糊に直接反応していないように見えても対応を

 

親御さんの中には疲れからか、糊くらいで、または周りでみんな使っているから1人だけ替えても意味が無い、と思われる方もおられると思います。しかし、安全性を確かめずに使用してきたものの多くが体に害を与える物であった、そしてそれらによってお子さんの体調を悪くしている、という事実は、おつらいでしょうが現実です。

 

そしてプラスであってもマイナスであっても、少しずつの積み重ねが大きな違いとなって現れます。

 

実際に私の子供は、身の回りのものと食べ物を徹底的に見直すことで、いたって元気に学校に通っています。(常に努力と注意は必要ですが)

 

また、学校の宿題プリント類はどうする?化学物質過敏症の学校生活でも少し書きましたが、強い影響を与えるものが身の回りにある場合、それよりも弱い影響を与えているものには気が付いていない可能性もあります。

 

疑わしきは罰する、という言葉がある通り、お子さんが元気になるまで原因物質の特定と除去は頑張ってください。なさった努力の積み重ねにより、お子さんの体調は間違いなく良くなります。

 

なお私の子供が使えたセロハンテープについては下記のページでご紹介しております。
>> 刺激臭の少ないセロハンテープは?化学物質過敏症の学校生活

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


スポンサーリンク

 

関連記事一覧

化学物質過敏症(CS)学校生活の工夫 はじめに

化学物質過敏症(CS)の症状は学校の先生にはわからない 化学物質過敏症(CS)の子供を保育園や学校に行かせるとき、あらゆるものが反応物となります。建物、教材、洗剤、ワックスや農薬。そして近年問題が大きくなってきましたシャンプーや柔軟剤などに使用される合成香料。親御さん自身が化学物質過敏症(CS)患者であればその苦痛を体感し悩み、お子さんだけが化学物質過敏...

≫続きを読む

教室の配置で空気質に違いが!化学物質の影響を減らす工夫

教室の空気質 化学物質過敏症の子供が無事学校に通い続けることができるかどうかは、各教室の空気の流れも大きく関与してきます。それは数値的には僅かな事かもしれませんが、教室によって空気質に違いはあるのです。そしてその違いは、揮発性有機化合物(VOC)の濃度の違いになります。化学物質過敏症の子供にとっては(だけではあり...

≫続きを読む

化学物質過敏症(CS)の子供対応教科書の使い心地

化学物質過敏症(CS)児童対応教科書 印刷物を開くと目に痛みや鼻をつく刺激臭を感じる。それによりアトピー性皮膚炎や喘息、鼻血などの外から見てわかる(理解をしてもらえる)反応や、頭痛、集中力の欠如、イライラなどの判断が難しい(理解をしてもらいにくい)神経的な反応が出たりするなど、全ての子供達は程度の差こそあれ、印刷物から揮発するインクなど...

≫続きを読む

化学物質過敏症(CS)通信教育の選び方 幼児・小学生用まとめ

化学物質過敏症(CS)が使える通信教育 化学物質過敏症(CS)の多くの子供たちは、柔軟剤やシャンプーに含まれる合成香料に強く反応し、学習の面で言えば、集中力が無くなったり、時には思考能力そのものが働かなくなったりします。ですが逆に言いますと、空気の良い場所では普通の子供と何ら変わりが無い場合が多く、親としては、普通に子供の将来を考えます。...

≫続きを読む

高崎市発!高残効性合成香料(香りマイクロカプセル)に配慮した塾

香りカプセルに配慮した塾 子供が化学物質過敏症(CS)でも、保育園や幼稚園 → 小学校 → 中学校 → 高校 → 専門学校や大学へと、他の子供たちと同じように進むことになります。そこで化学物質過敏症(CS)の子供を持つ親として心配となるのが、子供が無事希望の進路へ進めるように、必要な学力をどのように付けてあげるか、です。化学...

≫続きを読む

化学物質の影響が少ない辞典とは?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症(CS)でも使える辞典 学校に行けば必ず必要となってくる辞典。普通辞典は使いやすさなどを基準に選ぶものだと思うのですが、化学物質過敏症(CS)患者の場合には、体調が悪くならない(なりにくい)ことが基準となります。ただ、本人が臭いの少ない辞典をにおいを嗅ぎ確かめながら選ぶことも、逆に化学物質過敏症(CS)患者で無いご両親が選...

≫続きを読む

学校の宿題プリント類はどうする?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症(CS)が安全に宿題をする方法 小学校に上がりますと、学校から宿題やお知らせプリントを持ち帰るようになります。お知らせプリントだけでも1か月でかなりの枚数になるのですが、学年が上がるにつれ、宿題プリントの枚数もどっと増えてきます。しかし問題は、プリントにインクや用紙からの揮発性有機化合物(VOC)、建物からのVOC、ヘアケア製品や...

≫続きを読む

可塑剤などの刺激臭が少ない筆箱は?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症(CS)でも使える筆箱 これは学校によると思うのですが、私の子供が通っている小学校では、入学当初の筆箱はある程度決められています。出し入れのし易さから、いわゆる箱の形をしており、できるだけ学業に差しさわりの無い柄で、耐久性の面から片側だけが開く形が良い、などです。しかし実際に筆箱を探しに行きますと、明らかに子供たちが一目で...

≫続きを読む

子供に安全で刺激臭の少ない市販糊は?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症(CS)の子供が使える糊 沢山のお友達がいて楽しいはずの学校生活。しかし化学物質過敏症(CS)の子供にとって、安全性より利便性やコストを重視して選ばれる教材や文房具類は体調悪化の原因となっています。(本当は化学物質過敏症(CS)の子供だけではないのですが)そして頻繁に使用される文房具の一つである糊も同様です。こちらのページで...

≫続きを読む

刺激臭の少ないセロハンテープは?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症(CS)でも使えるセロテープ 保育園でも学校でも、そして家庭でもセロハンテープは無いと困るもの。ましてや多くの市販糊が使えない化学物質過敏症(CS)の子供にとっては、紙などを接着するとき糊の代用品としても使えますので、使えるセロハンテープを用意しておきますととても便利です。こちらのページでは私の子供が使えたセロハンテープをご紹介...

≫続きを読む

墨汁の代替品と使用時の対策 化学物質過敏症の学校生活

墨汁は危険 化学物質過敏症(CS)の子供にとっては墨汁もまた体調不良の原因の一つとなります。ただお友達と一緒に、そして同じように授業を受けたいとお子さんが考える場合には、少しの対策をすることである程度影響を抑えることは可能です。こちらのページでは、私が子供に用意した墨汁の代替品と、学校側にお願いしたことについて...

≫続きを読む

においが少ないカッティングマット 化学物質過敏症の学校生活

カッティングマット 小学校で一括購入される学用品には、化学物質過敏症の子供だけでなく、そうでない子供達も気分が悪くなったり、頭痛を起こしたりする品が多くあります。その中でも、カッターマットと粘土板が裏表に貼り合わせてある工作版からは、大変強いにおいがし、外干しを行っても使えるレベルにはなりませんでした。(後述致しますが...

≫続きを読む

刺激臭が無く、化学物質過敏症(CS)の子供でも安全に使える粘土

化学物質過敏症(CS)の子供が安心して使える粘土 粘土は、保育園では毎日のように、そして小学生になってからは工作のために度々使うことになります。ですが、例え子供用、と表示があったとしても、防腐防カビ剤は使用されていますし、素材そのものが良くない場合も多くあります。こちらのページでは、私の子供が保育園の時に購入し、結局小学校3年生まで、油粘土の代わり...

≫続きを読む

安全性に配慮された紙粘土 化学物質過敏症の学校生活

ホワイトクレーエコ 小学校の授業では、紙粘土も頻繁に使用します。ですがご存知でしょうか?現在では紙粘土の代用品として、樹脂粘土(軽量粘土)が使用されていることを。そしてその樹脂粘土からは強い刺激臭がし、普通に暮らしている子供たちでさえも、「くさい、くさい」と言いながら授業で使っていることを。そのような樹脂粘土は、とても...

≫続きを読む

においが落ち、影響の少ないお弁当箱は?化学物質過敏症の学校生活

化学物質過敏症が使えるお弁当箱 化学物質過敏症やアトピー性皮膚炎・食物アレルギーを持つ子供が保育園や学校に通う際、症状を悪化させない方法の一つとしてお弁当を持たせる必要が出てくることがあります。しかし親御さんご自身に、お子さんと同じレベルの症状が無い場合、お弁当の中身は気にされてもお弁当箱には注意が向けられないことがあります。保育...

≫続きを読む

化学物質臭が少ないスキーウェアは?化学物質過敏症の学校生活

スキーウェアの代替案 化学物質過敏症(CS)にとって、化学繊維(化繊)も撥水加工も体調を崩す原因となります。(他の子供達も同様ですが)ですから今までは傘を除きそれらを身に付けない生活をしてきました。しかし、とうとう学校の授業でスキー学習を行う学年になってしまい、スキーウェアを用意する必要が出てきました。(学校側にはレイン...

≫続きを読む


HOME 安心して使える商品レビュー 化学物質過敏症専用ページ プロフィール お問い合わせ