TOP

母乳育児・離乳食の調味料選び~醤油

母乳育児・離乳食の調味料選び~醤油

 

母乳育児・離乳食の調味料選び ~醤油

天然醸造の醤油づくり

砂糖と同じく、醤油にも気を付けてね。ラベルをよく見てね。
と母乳マッサージ先で言われました。

 

醤油に種類なんてあるのかしら?そう思いながらも家にある醤油のラベルを見ましたら、酒精が入っていました。

 

お酒が入っているのはいけない!と、早速お店に行き、醤油を選んでいましたら・・・
酒精どころか、アミノ酸等、増粘多糖類などなど添加物だらけ・・・。選ぶのが本当に大変でした。

 

酒精については下記ページで詳しくご紹介しております。
>> 酒精添加の醤油や味噌は質に問題が|アトピー、喘息の原因にも

 

こちらのページでは、今普通に皆さんが使っている醤油」と昔ながらの醤油との違いをご紹介いたします。本物の素材を使い、自然の力で発酵させた醤油には添加物は必要ないのです。

 


スポンサーリンク

ごく普通に店頭に並んでいる醤油とは?

ごく普通に店頭に並んでいる醤油は、実は昔から使われてきた【醤油】とは全く違うものになっています。

 

では、何が違うのでしょうか?

 

材料に脱脂加工大豆を使用

 

醤油と言えば、大豆、小麦、塩があればできるはずなのですが、実際にはその他にアミノ酸、酒精、カラメル色素、などが入った商品が多くあります。

 

何のために必要なのでしょうか?

 

実は、材料の「大豆」がそもそも違うのです。

 

添加物が入った醤油には、脱脂加工大豆が使用されています。
ですので、脱脂加工大豆ではなく「大豆そのものを丸ごと」原料に使用した醤油には、「丸大豆しょうゆ」とわざわざ大きく明記してあります。

 

ところで、脱脂加工大豆とは何かといいますと、油を絞ったときに出る副産物です。
戦時中、物資不足から丸大豆の使用が禁止され、苦肉の策として、脱脂加工大豆を使用した醤油が誕生したのです。

 

ところが、その当時は、大豆に圧力をかけ絞り出す、圧搾法で油と油脂大豆に分けており、味がどうだったかはわかりませんが、脱脂加工大豆とは、あくまで「油を搾った残り物」に過ぎなかったのです。

 

油の抽出に危険な化学物質を利用している

 

現代の油の多くは化学物質を使用し油を抽出、精製をします。そしてその溶剤抽出で使用されるのがヘキサンという溶剤になります。

 

なおヘキサンとは、ガソリンや灯油に多く含まれている物質になり、ベンジンの主成分となります。また自動車のブレーキや、金蔵パーツに付着した汚れを素早く落とす強力な洗浄剤にもなります。

 

ヘキサン(ノルマル‐ヘキサン)
  • 引火性の高い液体および蒸気
  • 皮膚刺激
  • 強い眼刺激
  • 生殖能または胎児への悪影響のおそれの疑い
  • 呼吸器への刺激のおそれ
  • 眠気やめまいのおそれ
  • 長期にわたる、または、反復ばく露により神経系の障害
  • 飲み込んで気道に侵入すると声明に危険のおそれ
  • 水生生物に毒性

引用:安全データシート「ノルマル‐ヘキサン」厚生労働省・職場の安全サイト

 

そのヘキサンをなぜ使用するのかといいますと、油の抽出が容易に低コストでできる、というメーカー側の大きな利点が理由です。

 

油は油に溶けるという性質があります。そしてヘキサンの沸点は67度と低く、加熱し揮発させてしまえば材料には残留しない、と言われています。その性質を利用し、大豆などの材料に含まれる油を一旦ヘキサンに溶かし、その後ヘキサンを揮発させて、大豆から得た油を残す、という方法を取っているのです。

 

こうしますと、圧力をかけて絞ったあとにもどうしても残っていた油も余すことなく抽出することが出来るのです。

 

圧搾法より手間がかからず油を徹底的に抽出することが出来る=低コスト=安く提供できる ということです。

 

そして、食品への利用がなぜ許可されているかといいますと、ヘキサンは製造過程で加熱され、完全に揮発し残留しませんので人体への危険性はないから、だそうです。

商品をいかに早く加工し、店頭に並べるかの工夫

 

そうして残った脱脂加工大豆を材料として醤油を作ることになるのですが、そこでさらに低価格で商品を提供するための工夫が行われます。

 

本物の醤油は、樽の中で寝かされ、1年以上の時間をかけ熟成を重ね、うまみ成分が多く含まれるまろやかな醤油となるのです。

 

しかし、なるべく安く商品を作るには、時間をかけていてはコストがかかりますので、時間の短縮が必要となります。

 

ですので、メーカー側の企業努力の一つとして、化学的に合成されたアミノ酸などを代理のうまみ成分として人工的に添加した商品が店頭に並ぶこととなるのです。

 

さらには、劇物の塩酸や苛性ソーダなどを使用し、熟成期間を無くした完全な化学醤油が店頭に格安で並んでいます。

 

そしてその商品には、味付けの為だけでなく、着色や粘り気を与えるなどのために、さらに多種類の食品添加物が使用されることとなります。

 

この醤油もどきは、発酵調味料ではないどころか、食品添加物の塊にしか過ぎないのです。

 

 

安全に食べられる食品はどうしても手間がかかります。
そして、その手間は金額の差となるのです。

我が家で使っている醤油

本来の醤油によく使われる原材料は、大豆、小麦、食塩が主になるかと思います。
ですので、例えば小麦アレルギー方がご家族におられましたら、材料は大豆、食塩のみで作られた醤油を選ばれると良いかと思います。

 

そして、樽でしっかり長期間に渡り熟成された本物の醤油を選んでください。

 

その中でも私がおすすめしますのは、我が家で平成20年頃からずっと使っております下記の商品、愛知県知多郡武豊町の「カクトウ醸造の尾張 本たまり」になります。

 

 

原材料は丸大豆と天日塩のみですので、小麦アレルギーがある方でも安心です。

 

また、こちらは「たまり」なのですが、さらっとしており、いやな癖もなく、さらに、塩辛いこともありません。

 

詳しくは、カクトウ醸造さんと同じ愛知県の漬物本舗 道長さんのHPで紹介されています。

 

道長さんのお漬物も美味しいですよ!

 

材料や製造法が合うかどうかは試してみないとわからないので注意!

 

最近ですが、醤油の注文を忘れ、まったく別のメーカーの商品で原材料に国産小麦、国産丸大豆、天日塩のみ、のものを使うことがありました。

 

しかし、食べ始めて1週間足らずで私の手の甲に湿疹ができ始め、どんどんと範囲を広げていき、かゆくてたまらなくなりました。
(私は合わないものを食べますと、皮膚に症状が現れるタイプです。)

 

そうこうして約3週間経ち、カクトウ醸造の尾張本たまりが届きましたので、すぐに切り替えたところ、1週間強で湿疹は消えていきました。
(体から私に合わない成分が出ていくまでの期間なのでしょう)

 

材料も違うのでしょうが、製造方法も私には合わなかったのだと思います。
商品を選ぶときの難しさを改めて思い知らされた出来事でした。

 

 

日本食では醤油と同じくらい味噌も大事です。
また、発酵食品として共通する部分が多く、醤油と同様の問題を抱えています。

 

味噌についてはこちらになります。ご一読頂けますと幸いです。
>> 母乳育児・離乳食の調味料選び~味噌

スポンサーリンク

 

関連記事一覧

もっと詳しい食べ物選び はじめに

子供が生まれて1か月から2か月目に入る頃、何を食べても乳腺炎や子供の湿疹やかぶれが治らず、また、自分は乳腺炎になり、痛みや熱でつらい思いをし、必死に解決策を考え、できることはやっているのに!と、私は訳が分からず、四苦八苦し、それが大きなストレスになっていました。じつは、母乳育児に適した「食べ物を選ぶ...

≫続きを読む

その除去食必要?食物アレルギー反応を小さくする方法

食物アレルギーは食品添加物を外すと良くなる 食事途中や食後に口周りやお腹にぽつぽつと見られる赤い反応。汗が出てきたり、顔色が悪くなってきたり、顔が腫れてぐったりしてくる、などになれば慌てて病院に駆け込む必要があります。(子供が1歳の時、初めて食べさせたヨーグルトでなりました)しかし、ぽつぽつと出てくる赤い反応やかゆみ、また食べ続けると肌トラブ...

≫続きを読む

食物アレルギーの本当の原因は?医師が認めたがらない改善方法

食物アレルギーの改善方法 2004年から2013年の間に、小中学校の食物アレルギーを持つ児童が1.7倍に増加しました。また、平成24年に学校給食を食べることで起こった不幸な事故が大きな転機となり、食べ物でアレルギー反応が出る、そしてその食物アレルギー反応が命にも関わる大変危険な症状となり得る、ということは広く認知されることと...

≫続きを読む

母乳育児・離乳食の安全な食用油選び

「油には本当に気を付けてね。すぐおっぱいが詰まるよ」と母乳育児中にあるお母さんに言われました。それを聞いた当時は、子供がまだ2か月で、しかも乳腺が詰まってわらをも掴む思いで赤ちゃんが喜ぶ母乳をつくる食べ物に書いてある食材から、毎日煮物を作って食べていた頃でしたので、油にも良い悪いがあるの?と、ある意...

≫続きを読む

母乳育児・離乳食の調味料選び~砂糖

砂糖と言えば、誰もが白い砂糖を思い浮かべるとおもいます。誰もが普通に食べている、白い、砂糖です。ところが母乳マッサージを受けに行ったとき、「(白)砂糖は食べてはダメですよ、粗製糖にしてくださいね」と言われました。誰もが普通に食べている白砂糖がなぜダメなの?その時はそう思いながらも先生に言われるがまま...

≫続きを読む

母乳育児・離乳食の調味料選び~醤油

砂糖と同じく、醤油にも気を付けてね。ラベルをよく見てね。と母乳マッサージ先で言われました。醤油に種類なんてあるのかしら?そう思いながらも家にある醤油のラベルを見ましたら、酒精が入っていました。お酒が入っているのはいけない!と、早速お店に行き、醤油を選んでいましたら・・・酒精どころか、アミノ酸等、増粘...

≫続きを読む

母乳育児・離乳食の調味料選び~味噌

味噌も母乳育児・離乳食の調味料選び~醤油のページでご紹介したように、油を搾って残った脱脂加工大豆を使用しています。その脱脂加工大豆は、非常に安価な材料なのですが、大豆の風味は無くしています。ですから、脱脂加工大豆を使用して作られる味噌は、”本来の味噌”に近づける工夫が必要となります。その安価な商品を...

≫続きを読む

酒精添加の醤油や味噌は質に問題が|アトピー、喘息の原因にも

酒精でアトピーや喘息症状が出る 日本語名称での「酒精」は、国際化学命名法でエチルアルコール、慣用名でエタノールになります。呼び名は違いますが、同じものです。この酒精は、微生物の繁殖を抑える働きがあるため、食品添加物として使用されています。また「酒精」が添加された食品は多種にわたるのですが、日本食には欠かせない味噌や醤油にも添加され...

≫続きを読む

母乳育児中やアレルギー子は米の質に注意!栽培方法で症状に違いが

ある時、母乳マッサージ先でママさん達と話しているとき、お米の話になりました。お米は『コシヒカリ』より『ササニシキ』の方がいいわよ。アレルゲンが少ないから。うちはお米アレルギーだから、『ゆきひかり』。冷めるとおいしくないけどね~・・・当時、新米ママさんだった私。米の成分なんて気にしていないどころか、米...

≫続きを読む

米アレルギーや化学物質過敏症の方向け安全な米の試食方法と注意点

安全にお米を試す方法 お米アレルギーを持つ方の多くは、小麦アレルギーもお持ちだと思います。そうすると主食を探していることになり、他の食材のようにダメからと簡単に除去するわけにもいかず、悩みはより深刻となります。こちらのページでは、米アレルギーや化学物質過敏症の方向けの、お米の試食方法と注意点をご紹介します。ただし、強い米...

≫続きを読む

本当に「卵」アレルギー?健康な平飼い鶏の卵だと食べられるかも

健康な平飼いの鶏 今では本当に多くの子供たちが食物アレルギーを持っており、そのうち卵に反応する子供が全体の4割になるそうです。そして私の子供もそうです。卵を食べると蕁麻疹(じんましん)が出ましたし、アレルギー検査では卵白で陽性と出ています。ですが「鶏を平飼いしている特定の生産者の卵」は食べられます。もしかするとお宅の...

≫続きを読む

牛乳アレルギーの原因は飼育方法に!?牛の健康を考えていますか?

牛の健康はヒトの健康に繋がる 以前より、牛乳は有害だ、とする意見が根強くあるようです。また当然ながら、牛乳に有害性はない、と反対する意見もあります。実は私は子供を持つまで「健康に関する知識」については耳を閉ざしていました。全く関心が無かったのです。ですから牛乳についても当然同様でして、有害なのか、はたまた健康を保つ上に必要なのか...

≫続きを読む

白身魚でも蕁麻疹が!本当に新鮮で安全な魚の選び方

古くなった魚が蕁麻疹やアレルギー発症の原因に 母乳育児中のお母さんの食事や赤ちゃんの離乳食に魚を使う時には、白身魚が適しています。なぜなら、赤身魚にはアレルギーに関与する物質が多く含まれるからです。(正確にはアレルギーと同じ症状が発症するアレルギー様食中毒)と、よく聞きますが、白身魚にも同様の物質が含まれており、鮮度が落ちていれば結局は同じよう...

≫続きを読む

小麦がなぜ食べられない?小麦由来の病気が増えた理由と解除の方法

小麦の品種改良 小麦は約1万年前、中東で栽培が始まり、8000年~6000年ほど前にはパンとして食べられ始めた、と言われています。とても長い長い間、人類は小麦を食べ続けてきたわけです。ですが1950年代から小麦アレルギー、小麦グルテン不耐症(グルテン過敏症)、セリアック病(グルテン過敏性腸炎)など、小麦を食べること...

≫続きを読む

なぜ肉を食べると病気に?健康な肉を食べるための家畜の生き方とは

アニマルウェルフェアの考え方 日本人は、肉を多く摂取するようになってから生活習慣病やアレルギー疾患が増えてきた、だから肉は取らない方が良い。いや、肉そのものよりも化学調味料や発色剤などの食品添加物が大きな原因となっている・・・などなど、”肉”について害があるとする意見を聞くことが度々ありませんか?私自身は、”肉は悪い”や、逆に”...

≫続きを読む

子供の神経に影響が|なぜ規制?食品中アルミニウムの害

子供がアルミニウムを過剰摂取 子供が喜んでよく食べるパンケーキやクッキーなどの焼き菓子。そして、それらをふっくらおいしく作るのに使われるベーキングパウダー。そのベーキングパウダーにアルミニウムが含まれていたため、1~6才の子供の過剰摂取が問題視され、平成25年7月1日付で厚生労働省が関係各所に低減依頼を出しました。しかし低減依頼...

≫続きを読む

アルミニウム規制の結果は?切り替えた商品はほんの一部!

惣菜に多量のアルミニウム 子供のアルミニウム摂取量が問題視され、平成25年7月に出された厚労省からの低減依頼。その依頼を受け、一気に食品に使用されるアルミニウム量が削減されるかに思えました。しかし結果は、特に問題とされたベーキングパウダーに関して、しかも私たち消費者からすぐに確認が取れる商品から使われなくなっただけ、のようで...

≫続きを読む

赤ちゃんの虫刺され後は食事に注意!腫れ・かゆみが早く引く方法

虫刺されには薬は不要 夏は外で遊ぶ機会が増えます。また、赤ちゃんや幼い子供は水遊びが大好きですから、ほとんど裸同然で屋外にいる機会も多いのではないでしょうか?そこで気になるのが、蚊などの虫刺され。そして最近ではアレルギー体質の子供が増えたせいでしょうか?赤ちゃんや幼い子供が蚊に刺されますと、掻いてもいないのに、虫にさされ...

≫続きを読む

残留農薬の基準が男性の平均体重増加で上昇!子供の体への影響は?

残留農薬 農薬には殺菌剤、除草剤、殺虫剤など様々な種類がありますが、神経毒性を持つ農薬もあり、近年増え続ける赤ちゃんや子供の成長の遅れや発達障害、鬱などの精神疾患などにも影響を与えていると言われています。ですが一方で、「野菜や果物に残留している農薬は、基準値内だから気にする必要性は無い。」とも言われおり、多く...

≫続きを読む


HOME 安心して使える商品レビュー 化学物質過敏症専用ページ プロフィール お問い合わせ